天台密教の祈願寺 大阪四天王寺末寺

元三(慈恵)大師 良源

正式には慈恵大師 良源(912~985)といい、平安時代の天台宗比叡山中興の祖と崇められた僧侶です。正月三日に遷化なされたので、元三大師と呼ばれるようになりました。

霊能力にすぐれ、自ら夜叉の形相と化して疫病神を退散させた話が有名で、その時のお大師さまのお姿を護符にして庶民に配り、門前に張ることで災いから守られるとのことから、そのお札を「角大師」「鬼大師」などと呼ばれ、全国的に広く流布し信仰されております。
国束寺では、紙のお札の他に、携帯できるようお守りもございます

また、元三大師 良源が考案なされた観音籤(かんのんせん)が我が国でのおみくじの元祖だと言われております。

 

 

PAGETOP
Copyright © 國束寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.