勢州田丸領涌福智山国束寺一山惣絵図

勢州田丸領涌福智山国束寺一山惣絵図

 

天保年間の国束山。古刹国束寺 大伽藍の様子。

天保五年(1835)当時の住職覚雄上人の書いた『勢州田丸領涌福智山国束寺一山惣絵図』です。昔は衝立でしたが今は掛け軸になってるので、しまいっ放しです。
今日は取材の為、久しぶりに掛けました。
この当時、今の国束寺、国束山を誰が予想出来たことでしょうか。しかし覚雄住職がこの絵図を書いてくれたおかげで、当時の状況を詳しく知ることができ、後世に偉大であった国束寺の存在を伝えるが出来ます。そしてまた山上に復興しなくてはとの思いが強くなります。
この山上絵図は、国束寺再興への指南書です。