擬宝珠(ぎぼうし)の花が見ごろです。

 

その名前は、つぼみの形が擬宝珠(橋や神社、寺院の階段や欄干の柱の上に設けられている飾り)に似ているからだそうです。