國束寺の葬儀式は、授戒、引導、念仏を行います
【授戒】戒名を授けます
【引導】滅罪と引導の作法を修します
【念仏】阿弥陀如来の来迎を祈ります

戒名(法名)は売り物ではございません

『戒名』と聞くと、死後に頂く名前、おくり名であると認識されているようですが、正しくは生前に仏様がお示しになられた「戒」を受け、仏様と御縁を結ばれた人に、その証として授けられるのが「戒名(法名)」です。
「戒」とは、仏教徒が日常生活の上で守り保たなくてはならない戒め、決まり事です。この戒を受けた生活の実践こそが、仏教徒としての歩むべき仏の道です。
「戒名がほしい」とは「戒を授かりたい」=「仏弟子になる」ことであり、死後ではなく生前に戒を受け、仏弟子として日常生活を送っていただきたいと思います。

また、戒名(法名)は売り物ではございません。よって戒名料」というものは存在しません。