別名 穂広峰、御剣嶽

標高414m
玉城町と度会町との境にありますが、山頂は玉城町原なので、玉城で一番高い山となります。
山頂付近一体は國束寺の境内で、昭和27年までお寺の建物がありました。
現在は礎石や石段など、伽藍の痕跡があり、國束寺が管理しております。
晴れた日には、山頂からは東方向(伊勢二見や答志島)が、
また玉城町原からの登山道途中からは北方向(明和町、伊勢湾)を望むことが出来ます

度会町平生から見た国束山

度会町平生から見た国束山

山頂の国束寺境内には天照大神と素戔嗚尊の胞衣を奉納した『夜奈塚』(ヤナヅカ)があります。
乳幼児の健康に御利益があり、この塚の砂は夜尿症(おねしょ)のお守りとしても信仰されています。
お守りはお寺に御座います。